外反母趾(症状が酷くなると、歩行することさえ困難となり、手術が必要になることもあります)になると日常生活に大きな支障をきたすことがありますから、注意しないといけません。 そのため、外反母趾を予防するためにも原因を知っておいた方が良いでしょう。 外反母趾になる代表的な原因は、以下の通りです。 ・歩き方 ・靴 ・運動不足(ジョギング、ランニングが流行していますが、これまであまり運動していなかったのにいきなり長時間赭ったりすると、膝の故障などが起こってしまいます) ・性別 まず、歩き方だからといって、足指を使わずに徒歩で足指の筋肉が退化してしまい、外反母趾(靴などで締め付けることにより、親指が小指の方に徐々に曲がっていってしまうことをいいます)になる可能性が高いのではないでしょうか。 外反母趾を予防するためにも、歩き方に十分に注意してくださいね。 パンプスやサンダル(突っかけと呼ぶ年配の方もいますね)、ハイヒールといった靴を履いていると足指を使う機会が少ないですから、筋肉が弱まってしまい、外反母趾に繋がる危険性があります。 但し、本当にご自身の足に合ったハイヒールやパンプスなどであれば、外反母趾(靴などで締め付けることにより、親指が小指の方に徐々に曲がっていってしまうことをいいます)になりづらいです。 それに、運動不足だと足指の筋肉が退化して外反母趾(症状が酷くなると、歩行することさえ困難となり、手術が必要になることもあります)になりやすくなるので、日頃から適度な運動をした方がいいです。 また、女性は男性よりも骨が柔らかいため、外反母趾になってしまう可能性が高いといわれています。 外反母趾は、このようなことが原因でなるといわれているので、覚えておいて下さいー